HRM(人的資源管理論)研究者の Oxford 滞在記(2020-2022)

1年目は配偶者同行で休業して渡英。2年目はサバティカルで渡英予定です。日常的な出来事(とたぶん研究)の記録です。英語は練習のために書いているので,ミスが多々あります。ご了承ください。

DAY372 [渡英336日] 2021年4月7日(水):自主隔離6日目(9日目),英国の改善

 自主隔離をする我々に親戚が小倉のサンテミリオンのオードブルを持ってきてくれた。ちょうど1年前にも食べた食事で,今回も美味しかった。外に出られないと食べ物が楽しみになる。ベランダに出ている限り,気温も高く絶好の春日和なのに出られないのが残念。

f:id:T_Nishimura:20210408051510j:plain

1年ぶり!サンテミリオン(小倉)のオードブル

t-nishimura.hatenablog.com

 

 テレビやニュースを観ているとCOVID-19について英国に改善の兆しが見られる。朝日新聞によれば,

 

 「英国は、英国型の変異株が最初に確認され、感染状況が欧州最悪の時期もあった。しかし、6日の新規感染者数は2379人と、1月の6万人超から急減。政府発表によると、一時は1日1300人を超えた死亡者数も20人に減った。12日からは大衆酒場パブの屋外営業などが可能になる。ジョンソン氏は「私もパブへ行き、慎重に、でも確実にビールジョッキを口に運ぶ」と喜んだ。
(中略)一方、ワクチンは5日までに、人口の47%にあたる約3162万人が1回目を接種。70歳以上では9割が受けた。人口接種率32%の米国や14%の欧州連合(EU)を引き離す。」

英首相「私もパブでビールを」 感染状況が劇的改善 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

 

とある。我々が英国に戻る頃には我々も接種対象になって英国で接種することになるだろう。