HRM(人的資源管理論)研究者の Oxford 滞在記(2020-2022)

1年目は配偶者同行で休業して渡英。2年目はサバティカルで渡英予定です。日常的な出来事(とたぶん研究)の記録です。

DAY208 [渡英186日] 2020年10月25日(日)深夜1時よりサマータイム廃止。日本との時差が9時間に

 今日からサマータイムが廃止され,これまで8時間の時差が9時間に変更。いつの間にか時差が増える(時間が戻る)というのは不思議な感覚。

 午前中は,天気も良かったのでportmeadowに散歩に行ったものの,夏の頃とはうって変わって景色が変わっている。沼地が広がり,渡り鳥が休んでいるような寂しげな感じになった。

f:id:T_Nishimura:20201028145437j:plain

冬のPort Meadow1

f:id:T_Nishimura:20201028145515j:plain

冬のPort Meadow2

 お昼は義理の両親とLINEで食事をとり,息子とジュラシックパークを鑑賞。約30年前の映画でストーリーも何となくしか覚えていなったせいか,楽しくみることができた。その後,家族で折り紙をしていると昨日に引き続き息子との友人が遊びに来て騒ぐ。これといってすることはないのだが,レゴで遊んだり,子供用の家に入って遊ぶが,友人の妹に対して息子も息子の友達も意地悪なので,注意するものの本人たちは意に介せず。手を焼いているところにお迎えが来て今度は昨日と同様に息子の友人の家で遊ぶ。トイレは大丈夫だろうか?


 あと,息子に謝らなければならないことがあった。息子の友達の名前を息子が間違って言っていたので,「名前を間違えるのは失礼だから正しい名前で呼ぶように」と注意していたが,ふとしたことから彼女の名前が息子が言っていた発音で正しいことが分かり,平謝り。子供の耳の方が優れていることが改めて判明。

 

<研究>早稲田大学の三橋平先生の記事がとても面白い。というか,痛いところを突かれたと考える人は多いのではないのだろうか。研究者になってフツフツと感じていたことを的確に指摘してくれた。私も反省。それにしてもこの原稿が日本経営学会での統一論題を基にしているというのもすごい。

 三橋先生も書いておられていたが,リサーチデザインがとても大切だと思う。日本だとまだまだワンショットサーベイ(クロスセクショナルデータ)でも査読誌に掲載されるが,欧米ではよほどのディフェンスを張らないと難しい。ハーマンの単一テストも本質的な解決にはならないし,かといってパネルデータや様々な部門からの回答データを入手することも難しい(特に個人の調査だと)。

 最近は,インターネット調査で複数時点の調査をすることが可能になりつつあるが,それでもお金をもらって回答する調査の信頼性に不安が残る。来年度の科研費(B)を用いた調査設計に向けて,三橋先生の記事に書かれれていた論文を読んでリサーチデザインについて丁寧に考える必要があるかもしれない。

 

business.nikkei.com

business.nikkei.com

business.nikkei.com

business.nikkei.com

business.nikkei.com



It was the end of the summertime, that means it would change time differences from 8 hours to 9 hours. It was a strange feeling the time difference increases (time returns) during sleeping. In the morning, it was good weather, so we went for a walk to Port Meadow.
The scenery has perfectly changed from summer. The swamp spread and migratory birds took a rest.
I had lunch with my parents-in-law using LINE. After taking lunch, we watched Jurassic Park, which made over 30 years ago. I knew the story of the movie ambiguously, but I enjoyed it. Then when we made origami, my son's friend living in the neighbour visited and played with my son. Though they played inside the house for kids, boys were mean to his little sister. About 90 minutes after my son went to their house to play, but I wondered, he doesn't go to the toilet yet?

 Also, I had to apologize to my son for misunderstanding the pronunciation of his friend. First, I scolded him because he called the wrong name of his friend. However, I apologized for the fact that the pronunciation he said, again and again, was correct. It turned out again that children's ears were better.