HRM(人的資源管理論)研究者の Oxford 滞在記(2020-2022)

1年目は配偶者同行で休業して渡英。2年目はサバティカルで渡英予定です。日常的な出来事(とたぶん研究)の記録です。

DAY139 [渡英118日] 2020年8月17日(月):Babysitter9回目,English conversation

 午前中にBabysitterが来るものの,息子はあいにくの雨により外出できず。自宅でLEGOのcity seriesでbabysitterと遊ぶ。

 14:00からOUNCのEnglish conversationがあるので参加してみる。メンバーは私を含めて8名だったが,すでに帰国の途についている人やこれからやってくる人,日本(2名),中国(2名)など,とても多様。主な会話は,せっかくOxfordにいるのだからどこに行ったらいいのかとか,おいしい食べ物屋さんとかなど。途中息子が乱入してきたが暖かく迎えてくれた。来週も可能であれば参加したい。

 夕方になると眠たいのか,新しいLEGOのパーツが欲しいと息子が大泣きをする。ただ,彼が欲しがっているのは単独のLEGOではなく,大掛かりなセット。しかも,今朝アプリを購入するか,LEGOを購入するかを自分で判断するように諭し,何度も聞き直したのに眼前のアプリを選択。だから自分の主張は無理筋だと理解しているので,「これ買って」の連呼。何でも買い与えてしまうとキリがないし,ドラえもんのスネ夫みたいになってしまうので,お金をコツコツ貯めないと買えないことや誕生日やクリスマスなど大きなイベントでないと買えないことを繰り返し説く。


 The babysitter came in the morning to take care of my son. But unfortunately, it started to rain, and it was impossible to go out. So they played inside with the LEGO City series.

 

 There was an English conversation club fo OUNC from 14:00, I tried to participate in the meeting. There ware eight people, including me, it so diversified, that is those who had returned to their own country, who will come to Oxford, and who came fro Japan, China, etc.

 The main topics of the conversation are about where to go to Oxford, like a museum, restaurant, and places, etc.On the way of conversation, my son invades the meeting, but they welcomed him. I want to join the meeting next week if possible.